椎名林檎

2019-09-29 07:09栏目:澳门十大赌场
TAG:

椎名林檎 - ありあまる富『满贯能源』

稳步补(平仮名依照本身的渣程度标注)

作詩:椎名林檎 作曲:椎名林檎

『そこにある』
電話のベルの音(おと)を (もしもーし)
リンリンって呼ぶ(よぶ)のは分かるよ (でもね)
僕の股間(こかん)にあるものを (みんな)
チンチンってなんで呼ぶの (知らないわよそんなの)

翻译:時雨

もしも君が男なら (私は女なんだけど)
ぼくの枕元(まくらもと)には (ゴムじゃないわよ)
いつでもティッシュの箱が (あー)
あるわけがよく分かるだろう (ア″ー)

僕らが手にしている富は見えないよ『大家撰于手中的财富 无形可辨』
彼らは奪えないし壊すこともない『旁人不能掠夺也无法将其毁伤』
世界はただ妬むばっかり『世界仅仅只是充斥着争风吃醋』

そんな世(よ)の中難し(むずかし)くないよ そこにあるべきものがあるだけだ
俺らは無理に無理なもの生(う)んで その後(あと)忘れ(わすれ)ちゃうのが好きなんだ

もしも彼らが君の何かを盗んだとして『假如外人盗窃了您的有个别什么』
それはくだらないものだよ『这也定是卑不足道之物』
返して貰うまでもない筈『根本不用讨回』
何故なら価値は生命に従って付いている『只因价值是紧随着生命而存在』

嬉しくて 楽しくて 笑(わら)った数(かず)だけ 顔のしわも段々増える(ふえる)けど
だから きっとだから 俺はばあちゃんの顔がすんごい好きなんだ 

彼らが手にしている富は買えるんだ『旁人撰于手中的能源是可购买的』
僕らは数えないし失くすこともない『大家得不到细数也并未错失』
世界はまだ不幸だってさ『都说世界 依旧依旧不幸的』

嬉しく 楽しくて 笑った数だけ 顔のしわも段々増えるのに
ダメだよそんな イヤだよ 君はなんでそれを生平懸命(いっしょうけんめい)隠し(かくし)たがるの?

もしも君が彼らの言葉に嘆いたとして『假如你因他们的说话而叹气』
それはつまらないことだよ『那也定是毫无意义之事』
なみだ流すまでもない筈『根本并不是流泪』
为啥ならいつも言葉は嘘を孕んでいる『只因话语总是孕育着谎言』

キレイなのに 素敵(すてき)なのに そこにあるべきなのに
终生懸命隠したがるの? 一体全体どういうつもりなの?
僕は命(いのち)の歩くべき道(じ)を行くよ

君の影が揺れている『你的身材摇荡』
后天限り逢える日時計『唯有明日能赶过的日晷』
何時もの夏がすぐそこにある証『评释着什么时候的格外三夏依旧朝发夕至』
君の喜ぶものはありあまるほどにある『令你认为快乐的全方位数不完』
すべて君のもの『你所兼有有着一切』
笑顔を見せて『都予以你笑脸』

嬉しくて 楽しくて 笑った数だけ 顔のしわも段々増えるけど
だから きっとだから 俺はじいちゃんの顔がすんごい好きなんだ

もしも彼らが君の何かを盗んだとして『假设旁人盗窃了您的一点什么』
それはくだらないものだよ『那也定是无足挂齿之物』
返して貰うまでもない筈『根本不用讨回』
何故なら価値は生命に従って付いている『只因价值是紧随着生命而留存』

もしも君が男なら 僕の枕元には
いつでもティッシュの箱が あるわけがよく分かるだろう

ほらね君には富が溢れている『看 你的财物如此充满』

『何十年後かに「君」と出会ってい』
恋と呼んだあの季節(きせつ) 今は何と呼んでいるの?
愛を誓(ちか)ったあの言葉(ことば) 今もそこで泣いているの?

ラララー
「君が好きです」その言葉は今でも アナタを信じて待っている
「もう過去(かこ)のことです」その言葉と 今でも強(つよ)く闘(たた?)っている

いつしか嘘にされたあの言葉に アナタは何と言(いい)ってやるの?
「今」のアナタのために生きてきた「今まで」のアナタはどうするの?

思い出してよ 時がアナタを醜く(みにく)してしまったのなら
連れ(つれ)戻し(もどし)てよ 時はアナタをまた美し(うつくし)くもするのです
終わらないでよ 時がアナタを見捨て(すて)去ろうとしても
絶対生き(いき)てやろうって思えるようになるのに必要(ひつよう)なものがある

それは心で、それは涙で、それは愛で、それは夢で、
それは僕から「君」への思いです
そうだと信じるしか僕にはもう生きる意味はないのです
x2

僕の心は言葉になって アナタの言葉は心に無(あ)くて だけどアナタは気付(きづ)かなくて
僕は段々子供になって アナタは段々大人(おとな)になって そして二人(ふたり)は遠(おと)くなって

僕は分かるよ アナタの心 僕があの人に出会う(であう)までの
きっと、きっと 命(いのち)とはその出会いのことで

思い出してよ 時がアナタを醜く(みにく)してしまったのなら
連れ戻してよ 時はアナタをまた美しくもするのです
終わらないでよ 時がアナタを見捨て去ろうとしても
絶対生きてやろうって思えるようになるのに必要なものがある

それは心で、それは涙で、それは愛で、それは夢で、
それは僕から「君」への思いです
そうだと信じるしか僕にはもう生きる意味はないのです
x2

この声(こえ)は この歌(うた)は アナタに届くのですか?
僕のね この胸(むね)の喜び(よろこび)は聴こえますか?
アナタのね その胸のほころびは見えますか?
どうしても そう どうしても 伝え(つたえ)たいものが…
それは心で、それは涙で、それは愛で、それは夢で、
それは僕から「君」への思いです
そうだと信じるしか僕にはもう生きる意味はないのです
ラララ
それは心で それは涙で それは愛で それは夢で

『祈跡』
(继续暂停)
Today six billions of people are breathing,feeling,and living
Today fifty hundreds of children are starving,fearing,and dying
Would you tell me why? what could I do with this
Tell me why how could I remember this

仆はなんだかとても悲しいよ
だって仆が笑っている隣で谁かが死んでいく
仆はなんだかとても悔しい(くやしい)よ
だってそれでも生きたいと思っている仆がここにいる

生きたくても生きれねえ やつがいるんだって
そんなんも考え(かんがえ)ないで 生きてる気になんなって
そうだろう だってそうだろう
俺たちってただの人间って言われて终わりかもしんないけど
人间として生きてる 命として息してる
「これ以上素晴らしいことはない」って分かっている
心で分かっている 想い(おもい)で分かっている
心で分かっている 想いで分かっている

△今でも地球(ここ)にある 忘れ形見(かたみ) いつか僕がきっと君に届けるから
泣いている この星も僕も 僕は君を 君は僕を愛せるはずだから
それぞれの命(いのち)が生んだ 一人の祈り(いのり)が生んだ 歌がここにある△

今も

死んだ後(あと)の世界ってのを僕は本当に信じたいよ
だって今日まで 幸せを知ることなく死んだあの人
いつかどこかで会えるの?天国で報われる(むくわれる)の?
僕らはどこに行くの?どこにいけばいいの?

笑うことなく 喜び合うことなく消えた同士(とも)と再び出会う
天国ってとこで巡り合う その時胸張ってこう話す
「嬉しかった 美しかった「幸せ」ってやつが溢れ(あふれ)ていた
いつかまた行ってみよう「愛」ってやつを教えよう」

(※くり返し)
(△くり返し)

いつも

回っているのはこの地球で かつて大地は一つだって
あの星は 何億何年前の光で 宇宙はだんだん膨らんでいて
でもそんなことじゃなくて もっともっと他にあって
「この星に生きていた私たちは」って言うための証たちが

流れ星が見えたら ねえ 夢よ叶えと祈るんだ
胸が裂けそうになったら それを君は恋と呼ぶんだ
怒りが僕たちを包む最後の光になるその日まで
僕は君を忘れはしないだろう 一度も出会うことはなくとも

君をきっと覚えている 僕はきっと覚えている
鳥も、森も、星も、月も、あの子も、優しい地球は覚えている

今でも心に 忘れ形見 いつもここに ずっと胸に 溢れてんだよ

笑って 抱き合ってる 君と僕で
いつか必ず来る そんな時を待ちながら生きていこう
溢れ出さぬよう 忘れ去らぬよう
僕が消えて無くなる日が来るまで
ずっと ずっと ずっと

Today six billions of people are breathing,feeling living
Today fifty hundreds of children are starving,fearing,and dying

版权声明:本文由澳门十大赌场发布于澳门十大赌场,转载请注明出处:椎名林檎